正しいフードの選び方
みなさん、飼い犬のドッグフードはどのようにして選んでいますか?
ドッグフードの選び方には、国民性が反映されていると言われています。
まずは海外(ペット先進国)から見ていきましょう。

ペット先進国に住む飼い主によるドッグフードの選び方

  • ・真っ先に原材料表示の内容を確認
  • ・原材料表示にある分からない成分については調べる
  • ・獣医師やブリーダーに勧められたフードでも原材料確認
  • ・誰に勧められても成分的に納得がいかないものは犬に与えない
  • ・人間の食べ物と同じようにより安全性の高いものを選ぶ
  • ・食品添加物や犬の生体について正しい知識を持った上で選ぶ
  • ・最終的には自己責任という考え方なので自分の意思100%で選ぶ
  • ・広告=良いものであるという判断をしない

日本でも、健康面に対して考えの深い方々は上記のような選び方を実践されています。
しかし、現状の日本ではそのような選び方をする飼い主はまだまだ少ないのです。
では続いて、日本人によるドッグフードの選び方を見てみましょう。

日本人飼い主によるドッグフードの選び方

・広告やキャッチコピーのインパクトに惹かれる
・原材料表示よりもパッケージ表に書いてある言葉と写真等のイメージで選ぶ
・獣医師やブリーダーに勧められたフードの原材料表示を確認せずそのまま与える
・原材料よりも「誰かがお勧めしている」という付加価値を信じる
・フードの安全性は人間の食べ物ほど考慮しない
・食品添加物や犬の生体について正しい知識を持ちあわせないまま選ぶ
・クチコミ情報で最終決定してしまう
・広告=良いものであるという認識が強い

このように、広告やインターネット上での評判などで購入されることが多いです。
愛犬・愛猫にとって適した食事が何なのかを知った上で、
原材料や保証成分をしっかり見て判断していくことが大切です。

まずは犬猫の身体のつくりを知ることが大切です。

身体のつくり 身体のつくり

ba_footfri_footno_foot