肉比率80~85%カナダ産

肉比率85~90%アメリカ産

Orijen
さらに
進化しました!

オリジンの製品一覧

NEW Orijen

全世界のペット愛好家が信頼する世界一のドッグ・キャット
フードであるオリジンが、さらなる進化を遂げました。

TRUST信頼できる生産者

オリジンは地元の生産者にこだわり、信頼する農場主・牧場主・漁師から食材を調達しており、いつ・誰が・どこで作っているのか明確です。生産者にこだわるということは、あなたの大切なペットの命にこだわるということです。

  • 新鮮アンガスビーフ

    ケンタッキー州アパラチア地域にある牧場

    新鮮アンガスビーフを生産しているケンタッキー州アパラチア地域にある牧場の画像
  • 新鮮アメリカンバイソン肉

    ケンタッキー州の大牧場

    新鮮アメリカンバイソン肉を生産しているケンタッキー州の大牧場の画像
  • 新鮮ケンタッキー・ラム肉

    ケンタッキー州の地元農場

    新鮮ケンタッキー・ラム肉を生産しているケンタッキー州の地元農場の画像
  • 放し飼いの新鮮鶏肉

    ケンタッキー州の地元農場

    放し飼いの新鮮鶏肉を生産しているケンタッキー州の地元農場の画像
  • 放し飼いの新鮮マスコビー鴨肉

    ケンタッキー州の地元農場

    放し飼いの新鮮マスコビー鴨肉を生産しているケンタッキー州の地元農場の画像
  • 放し飼いの新鮮七面鳥肉

    アメリカの地元農場

    放し飼いの新鮮七面鳥肉を生産しているアメリカの地元農場の画像
  • 新鮮で丸ごと、天然海水魚

    ニューイングランド地域

    天然海水魚の産地ニューイングランド地域の漁師の画像
  • 新鮮丸ごと野菜

    ケンタッキー州の農場

    新鮮丸ごと野菜を生産しているケンタッキー州の農場の画像
  • 新鮮丸ごとフルーツ

    ケンタッキー州の果樹園

    新鮮丸ごとフルーツを生産しているケンタッキー州の果樹園の画像
  • 地元のハーブ

    ケンタッキー州ハート群

    ハーブを生産しているケンタッキー州ハート群の画像

信頼できる生産者が飼育・栽培・漁獲した食材を、毎日新鮮な状態でDOGSTAR®キッチンに搬送することが何より重要だと考えています。

DOGSTAR®世界一のキッチン

ドッグスターはアメリカのケンタッキー州オーバーンにある農地に特設された最先端のキッチンです。「生物学的に適正で地元の新鮮な原材料を使用する」というミッションを進めていくため、地上最先端のペットフードキッチンであり、あらゆる側面を考慮してデザインされています。
また、ドッグスターではオリジンとアカナフードのみを調合し、他のブランドは一切製造しません。

ケンタッキー州オーバーンにあるDOGSTAR&reg キッチン

ドッグスターは、世界食品安全イニシアチブ(GFSI:The Global Food Safety Initiative)の2017年度のグローバル・マーケット・プログラム賞を受賞しました。

キッチンの設備1

フリーズドライ機やプレート冷凍機から革新的な新鮮肉の取り扱い技能に至るまで、私たちは、オリジンのフードを犬や猫のありのままの食事へとできる限り近づけるよう設計されています。

キッチンの設備2
自然

自然なフードは自然の中でつくられています。

オリジンは、他社の工場に製造を任せません。レシピの開発から食品の安全性、原材料の供給・調理と細部に至るまで管理できる自社のキッチンでのみ作られます。

オリジンの製品一覧

最先端のドッグスターキッチンで調理されたオリジンは、
最高の食材を作っている生産者の思いが伝わる
ドッグ・キャットフードです。

オリジンでは犬が肉食という事実
大切にしています。

  1. REASON 01歯と顎

    植物を磨り潰すのではなく、肉を切断するための鋭い歯と縦に開く 顎の仕組みをしています。獲物を引き裂くための挺出歯を持っています。

  2. REASON 02消化酵素

    雑食動物や草食動物と違い、唾液中に炭水化物の消化酵素であるアミラーゼを持ちあわせていません。

  3. REASON 03消化器官

    短く、強い酸性の消化器官 です。肉に含まれる動物性たんぱく質と脂肪を素早く簡単に消化します。

BIOLOGICALLY
APPROPRIATE

オリジンの哲学

全ての犬・猫は肉食動物であり、肉を中心とする食事に適した体の作りをしています。一方、穀物に多く含まれる炭水化物の消化が苦手な動物です。

しかし、世の中には犬と猫の体の作りに
反するフードは沢山あります。

主原料が穀物(小麦・トウモロコシ等)
で、
肉の割合が少なくありませんか?

穀物の画像

WARNING

ペットフードには、犬と猫の健康のためではなく、便利さと安さを追求して開発された歴史があります。犬と猫にとって不適切な原材料でありながらも、安い穀物副産物を使用することで、低価格での製造が実現できます。ペットフードが開発されて以来、犬と猫はその食生活に順応していったとの意見もありますが、 あくまで体の構造は肉食動物であり、穀物は必要としていません。

オリジンは穀物・副産物
は一切不使用です。

  • 肉の含有率85% ~ 90%

  • 穀物0%

穀物不使用(グレインフリー)と
いうだけで選んでませんか?

穀物の画像

WARNING

穀物不使用(グレインフリー)だけでフードを選ぶのは、必ずしも良いとは言えません。穀物不使用(グレインフリー)フードの多くは、穀物の代わりにジャガイモ等の血糖値を急上昇・急下降させる高GI値の食材が使われています。また穀類不使用(グレインフリー)であっても、肉の割合が少なければ、それは理想的な食事と言えるでしょうか?

オリジンは穀物不使用
(グレインフリー)で
終わりません。

  • 高GI 値の食材(ジャガイモ・タピオカ等)0%

  • 健康的な野菜血糖値の波が穏やかな
    低GI値の野菜のみを使用。

無添加という表示に安心して
いませんか?

穀物の画像

WARNING

一般的に言われている「無添加」は、人工着色料・香料・保存料不使用のことを指しています。無添加と言っても、実際はビタミン・ミネラル類を大量に添加しているペットフードがほとんどです。それは原材料のバランス・バラエティが備わっておらず、原材料そのものから栄養を供給できていないことを表します。多くのビタミン・ミネラル類を添加しているペットフードは、自然な食事と言えるでしょうか?

オリジンはWHOLEPREY™ 比率で、
原材料から栄養を供給します。

  • ディハイドレート肉新鮮肉を低温で時間をかけ
    空気乾燥し水分を飛ばします。

  • 乾燥肉(レンダーフリー)時間をかけて徐々に温度を
    上げて低温90℃で乾燥します。

WHOLEPREYは自然素材を丸ごと使用し、栄養を逃さない低温調理で美味しさと栄養を最大限に引き出します。だから多くの添加栄養素は必要としません。
ORIJENはレンダリング処理をした原材料を使用していません。
レンダーフリー
従来のペットフードでは、新鮮肉やレンダリング処理された肉ミールを高温・高圧で加工し、自然の栄養素が大幅に損なわれる為、添加栄養素で補っていました。
※原材料を見ると数多くのサプリメントが記載されています。
ORIJENにはディハイドレート肉または乾燥肉を使っています。
ディハイドレートって本当にすごいんです!!

  • 一般的なフード20種類上の大量のビタミン・
    ミネラル類を添加。

  • オリジン亜鉛と銅の2種類のみを添加

製品に関する良くあるご質問

Q肉が多すぎませんか?

Qたんぱく質が高すぎませんか?

A.犬と猫にとって“適量”です。高たんぱく質が腎臓の健康と関係ないことは科学的に判明しており、たんぱく質は犬と猫の健康の源です。

水分量を10%に設定した場合の
たんぱく質量の比較
  • ウサギ
    67%
  • 鹿
    43%
  • ネズミ
    45%
  • 38%
  • オリジン
    38%

肉食動物の身体にとって理想的な食事は、動物を丸ごと食べることです。オリジンはその食事を忠実に再現したドッグ・キャットフードです。

オリジンの製品一覧

オリジンは、犬と猫が必要とする栄養のニーズに完璧に見合う
ように、彼らが自然界で食べる食事をそのまま再現しました。

オリジンは国際的に認められた
フードです。

PROOF OF TRUST

信頼の証

  1. DOGSTAR® キッチンが2016年度DBIA賞受賞

    デザイン・ビルト・インスティテュート・オブ・アメリカ賞は、工業や加工業、研究機関施設カテゴリーで与えられた賞です。

    DogStar® は、この誉れ高い賞を受賞した、初めてのペットフード設備です。DogStar®キッチンは、人間用食品製造の食品安全基準に見合うよう設計・施工され、生物学的に適正なミッションを向上させる革新的で最先端技術を駆使したキッチンへと作り上げられました。

  2. 2016年度 マーケテイング殊勲賞
    アルバータ商工会議所

    組織にとって多大な影響を与え、素晴らしい成果を出したマーケティング戦略を開発し実施した組織に呈されます。

  3. 2016年度 マーケテイング殊勲賞
    アルバータ商工会議所

    アルバータ州をより良い州へと作り上げていくことに貢献して受賞。この賞を得るには、ビジネス業績また優れた実績とリーダーシップを示し、地域の行事や州内及び地元の組織に関わり続けていることを実証しなければなりません。

  4. 2015・16年度 犬用ペットフード部門 卓越優秀賞
    2009~2012年ペットフード年間最優秀賞

    グリセミック・リサーチ・インスティチュート (GRI) / 米国血糖研究所、ペットフード部門(USA、カナダ、イギリス)
    グリセミック・リサーチ・インスティチュート/米国血糖研究所(GRI)は、オリジンを他の何百ものドッグフードと比較しました。賞に選考されるには、原材料と血糖反応、糖尿病反応、老化防止要因、種の生化学的要素をベースにした製品分析と安定性等を分析したものです。
    (GRIは、2013・2014年に賞を出しませんでした。)

  5. ペットフードと動物栄養学2.0
    イノベーション賞

    ペットフードと動物栄養学2.0 イノベーション賞は、ペットの栄養市場全般の革新と擾乱的な考え方を祝します。

  6. ドッグフード ブランド トップ10(1位)
    Reviews.com

    原材料及び原材料の供給源、保証分析、ブランド歴、顧客の満足度に関する優秀さに与えられます。オリジンは1位、アカナは2位を獲得しました。

  7. ベスト・キャットフード厳選
    Reviews.com

    原材料及び原材料の供給源、保証分析、ブランド歴、顧客の満足度に関する優秀さに与えられます。1,759種のフォーミュラの内、わずか163が高品質でリスクの無い原材料を使っった信頼できるブランドとみなされました。

  8. 2014~2016年 アルバータ州消費者製品輸出業者賞

    カナダ製造業・輸出業&アルバータ州政府
    国際市場への優れた浸透力とアルバータ州への顕著な経済波及を認められ、年間優秀輸出業者として指名されました。加えて、消費者製品賞は、直接消費者市場または小売市場を専門にして製品を輸出するアルバータ州内の会社を認識するものです。

  9. 2014 年度 リーダーシップ賞
    フードイノベーション部門

    フード・イン・カナダ・マガジンとグラント・ソーントンLLP

    雑誌「フード・イン・カナダ」は、2014年度のフード・イノベーション賞をチャンピオン・ペットフーズ社に授与しました。これは、ペットフード・メーカーに与えられた、初めての賞です。

  10. TOP DOG(勝利者)賞
    Spot Magazine

    ベスト・フード人気投票第1位(2011年~2015年)

  11. リーダーズチョイス賞
    Nashville Paw Magazine

    総合ペットフードでのリーダーズチョイス賞(2012年度)

  12. 過去10年間の代表ペットフード:
    2000~2009年
    Rate It All Consumer Reviews

    オリジンは、アメリカ最大の消費者レビュー・ウエブサイトであるレート・イット・オールによって「過去10年間の代表ペットフード」として名指されました。

  13. 5つ星・6つ星の最高ランク
    DogFoodAnalysis.com

    ドッグフード・アナリシスによって見直された1,500のドッグフードの中で、オリジンは、最も高いランクである、5つ星・6つ星を受けました。

  14. ホールドッグ・ジャーナル認可
    The Whole Dog Journal

    オリジンは、偏見のないレビューをすることで評判のあるアメリカの出版物「ホールドッグ・ジャーナル」に認可されました。

オリジンは犬と猫の健康と幸せ
を約束します。

オリジンは信頼している生産者の食材であふれています。これらは、毎日新鮮な状態で搬送されますので、栄養満点です。最先端の技術を駆使したドッグスターキッチンで製造されるオリジンは、皆様の可愛い犬・猫の健康と幸せな日々をお約束します。

オリジンの製品一覧

世界中で認められ、数々の賞を受賞してきたオリジンの
ドッグフードが、健康と幸せを届けるために
アメリカのケンタッキー州より初上陸!